この記事をシェア、ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

メディカル系求人を知りたいなら…現場の声紹介します

医療現場の現実については、ニュースで見聞きする以外にほとんど情報を得ることがないのですが、去年入院した時に、看護師さんの不足とベッドの不足については実際にあることだと感じました。
私が入院した部屋は6人部屋でしたが、入院していた1週間の間に、毎日誰かしら退院し、入れ替わりに入院していました。看護師さんたちはその度に大忙しで、入院している私達の検温や血圧のチェックもままならないような状態に見えました。
手術後は翌日から歩くように説明を受けていたのですが、初めのうちは看護師さんが付き添っていなければならなかった関係で、私が術後に歩くことができたのは手術から1日経った午後になってしまいました。
ただし、一生懸命やってくださった看護師さんたちに不満は感じていません。
それとは別に、医療技術については希望があります。
ガン治療につきものの、辛く苦しい抗がん剤投与をもっと体や心に負担の少ないものにしてもらいたいです。情報がたくさん入ってくるので、抗がん剤の恐怖は誰もが多少なりとも感じていることだと思います。ただでさえガンということで精神的に参っているのに、絶対に治るという保証もないのに抗がん剤治療を耐えなくてはいけないというのは酷だと思います。
ガンは多くの人が罹る可能性の高い病気です。もっと前向きに気楽に向き合える治療法であってほしいと思います。
バイト探しはイーアイデム。「あなたの街」のお仕事が探せる求人サイトです。
Copyright (C)2014メディカル系求人を知りたいなら…現場の声紹介します.All rights reserved.